技術書翻訳会社がお手伝いするePubでの電子書籍販売

query_builder 2021/04/11
ブログ
0411a

こんにちは!「技術書の翻訳・マニュアル制作」を行っております「ターゲットツー株式会社」です!


iPhoneKindleで電子書籍を読む場合、書式はePubPDFになります。PDFWordなどで作ったファイルを簡単に変換できるので企業名で資料などではほとんど、PDFファイルが用いられます。しかし、電子書籍として流通販売される「本」はえePubファイルになります。

本としての機能、例えば目次があるとか検索ができるとか、栞を入れるとかが必要です。これらは圧倒的にePubが優れています。なにより、軽くて速い!

電子書籍の特徴は「紙の書籍」に比べて圧倒的にコストがかからないできるのが特徴です。印刷のコスト、在庫のコストが全く違います。そのため、一気に売り上げが急に上がらなくてもじわじわと売れていっても赤字になりません。恐竜のしっぽに例えて「ロングテール」といいます。

日本語の電子書籍のマーケットと英語の電子書籍のマーケットは100倍違うといいます。弊社では翻訳・ファイルのePub化それに米国、英国で書籍の登録、印税などの税処理など電子書籍を販売するお手伝いをしています。

 

また、弊社では製造関連を中心に技術翻訳に特化した翻訳業務をいたしております。また、世界30か国語に対応しており、幅広い翻訳が可能ですので、お仕事の依頼、ご質問等お気軽にご相談ください!!!

 

 

NEW

  • 技術書翻訳会社 日本橋室町に引っ越しました。

    query_builder 2021/05/11
  • 技術書翻訳会社 本社、移転します!

    query_builder 2021/04/25
  • [マニュアル] って必要ですか? 技術書翻訳会社か説明!

    query_builder 2021/04/20
  • [自動翻訳] ってどんなですか? 技術書翻訳会社か説明!

    query_builder 2021/04/17
  • [PDF] Acrobatは、技術書翻訳の便利なツール

    query_builder 2021/04/13

CATEGORY

ARCHIVE